冬季うつとは

うつ病には冬季うつという症状があります。 これは冬の間太陽に当たらないことによって発症してしまううつ病のことです。 実は人間は太陽にあたらないと自律神経がうまく働くことができずに、体調の
MENU

冬季うつとは

うつ病には冬季うつという症状があります。
これは冬の間太陽に当たらないことによって発症してしまううつ病のことです。
実は人間は太陽にあたらないと自律神経がうまく働くことができずに、体調の不良が起こりやすくなります。
体調不良がつづくと精神的にも体調が悪くなっていきます。気持ちが塞ぎがちになり、外出が少なくなってくると社会とのかかわりも少なくなってしまい、さらに精神的なダメージが強くなるという悪循環に陥ってしまうのです。
病は気からとも言われますが、うつ病は体からも発生していると言えるのかもしれませんね。
冬季うつ病で顕著なのが秋田県の統計からも読み解けると思います。
秋田県は自殺率全国一位ですが、日照時間が全国最下位です。
とくに冬になると日本海側からの強い低気圧と岩手県との県境にある山脈に雲がぶつかってとどまり厚い雪雲が県内を覆い、ほぼ太陽を拝める時間がないと言えます。
この天気が冬季うつを発症させ、さらに東北人に多い我慢強さがさらにうつ病に発生させるそうです。
冬季うつにかからないようにするためには、冬の寒い時期であっても外に出て太陽をしっかり浴びる。または太陽と同程度の光でもよいと臨床研究で判明しておりますので、強い光を浴びるようにすることが必要です。多少の曇り空でも太陽の光であれば大丈夫だそうです。
社会とかかわりをもつこと。専業主婦などの社会とのつながりの少ない人もうつ病にかかりやすくなるそうです。最低でも家族間の交流はしっかりと取る必要があります。

このページの先頭へ