アトピーについて

最近ではアトピー性皮膚炎の患者が増えてきています。 アトピーとはもともと「不特定」という意味のギリシャ語から来ているそうで、アレルギーの原因に反応して起こるアレルギー症状のことを指してい
MENU

アトピーの問題

最近ではアトピー性皮膚炎の患者が増えてきています。
アトピーとはもともと「不特定」という意味のギリシャ語から来ているそうで、アレルギーの原因に反応して起こるアレルギー症状のことを指しているそうです。なので、鼻炎や気管支ぜんそく、じんましんなども一種のアトピーですが、日本では一般的に皮膚炎のことを指してアトピーと呼ぶそうです。
アトピーの原因はさまざまです。
遺伝や体内にいる常在菌が原因の場合もありますが、おもな原因は日常環境にあると言われています。
とくに多い原因としてはハウスダストと食事、ケミカル剤にあると言われています。
ハウスダストに関していうとダニやカビがアレルゲンになりやすいです。
これは掃除を頻繁に行うことで予防することができます。
問題は食事とケミカル剤です。
はっきり言うと現代の食事にはほとんどの食品に化学調味料が使用されています。
とくに若い人の大好きなスナック菓子などには豊富に含まれています。
カップラーメンなどのレトルト食品も同じですし、スーパーなどで売られている惣菜に関しても化学調味料、添加物が入っているのです。
輸入野菜も濃度の高い農薬が吹き付けられ、腐敗を遅らせるための防腐剤もたくさん散布されています。
この農薬や防腐剤はほとんどが油性のため、水で流した程度では落ちにくいのです。
さらに、合成洗剤はケミカル剤でできています。体を洗うシャンプーやボディソープから食器用洗剤、洗濯用洗剤も同様であり、さらにこれらは故意に残すケミカル剤が含まれていますから、現代はアトピーになる環境が整っているといっても過言ではないのかもしれません。

このページの先頭へ