メニエール病とは?

メニエール病というの聴覚と平衡感覚のセンサーである内耳の膜迷路が膨張する内リンパ水腫によって、めまい、耳鳴り、難聴などの症状を繰り返す病気です。 メニエール病の名前の由来は、メニエール病を発見したフランスの耳鼻科医です
MENU

メニエール病は耳の病気

メニエール病というの聴覚と平衡感覚のセンサーである内耳の膜迷路が膨張する内リンパ水腫によって、めまい、耳鳴り、難聴などの症状を繰り返す病気です。

 

メニエール病の名前の由来は、メニエール病を発見したフランスの耳鼻科医です。
めまい、耳鳴り、難聴の三症状を伴っている疾患をメニエールという耳鼻科医が発表したことから、この病気の名前をメニエール病と呼ぶようになったそうです。

 

メニエール病の原因である「内リンパ水腫」というのは内耳にある内リンパ液が水膨れのようになることを指し、原因は分かっていません。また内リンパ水腫がなぜめまいや耳鳴りなどの症状を引き起こすのかも、未だに明確にされていません。

 

ウイルス感染説やホルモン異常説などもありますが、ストレスによる自律神経失調や寝不足などでも内リンパ水腫ができやすくなり、メニエール病になってしまうことがあると言われています。

 

メニエール病は30歳から50歳の女性がなりやすい病気です。
メニエール病の主な症状は、めまい・耳鳴り・難聴・嘔吐・耳閉塞感などがあり、これらの症状は一度現れるとしばらく続きますが少しずつ落ち着き、そしてまた症状が現れるということを繰り返します。

 

症状がひどい場合は通常の生活を送るのも困難になってしまうので、めまいや耳鳴りを感じたらまずは安静にすることが大切です。
メニエール病は薬で症状を抑えることができるので、早めに耳鼻科を受診して適切な薬を処方してもらって下さい。

このページの先頭へ