新型うつ病について

うつ病と言えば真面目で責任感の強いタイプの人が何かのきっかけで発病し、気分が沈んで何もできなくなったり、自分を責めて自殺することもあるよ・・・
MENU

新型うつ病は誰にでもなる病気

最近「新型うつ病」というのが話題になっているのをご存知でしょうか。

 

うつ病と言えば真面目で責任感の強いタイプの人が何かのきっかけで発病し、気分が沈んで何もできなくなったり、自分を責めて自殺することもあるような深刻な心の病気です。
あまり表に出ることがなかったうつ病ですが、近年はだいぶメンタルヘルスへの認識が向上し、広く知られるようになりました。
うつ病で休職するケースも少なくありません。

 

ところが、新型うつ病というのは、今までのうつ病とは原因や症状が違い、従来のうつ病のイメージを覆すような新しいタイプのうつ病のことを指します。

 

新型うつ病の特徴としては、主に下記のようなものが挙げられます。

 

・20代から30代に多い
・仕事に行くと気分が悪くなる
・休日には元気になる
・いらだちの矛先を他人に向ける
・夕方に症状が現れる

 

これだけを見ると、なんて自分に都合の良い勝手な奴なんだ!と思われるかも知れません。
実際に、従来のうつ病と違い過ぎて、会社や職場などでも単なる自分勝手だと見られがちで、うつ病とは結びつかないことも多いようです。

 

新型うつ病は、自分が嫌だと感じた時に体調が悪くなる特徴があり、年齢的には20代から30代に多く見られます。

 

従来のうつ病であれば、自分を責めて何でも自分が悪いのだという風に考えてしまうのが一般的な特徴ですが、新型うつ病の場合は逆に他人を責める傾向があります。

 

また仕事中は気分が沈んで体調が悪くても、仕事が終わったり休日には元気になります。

 

まるで単なるサボりのようにも見えますが、これでも(?)立派なうつ病の一種なのです。

 

この新型うつ病も従来のうつ病と同じようにそのまま放置していると、ますます症状が悪化してしまい、治りにくくなるので、早めに対処する必要があります。

このページの先頭へ