とびひとは

とびひは正式名称を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といい、黄色ブドウ球菌あるいは連鎖れんさ球菌が皮膚の浅い部分に感染し、水疱すいほうあるいは膿疱のうほうをつくる化膿性の病気です
MENU

伝染性膿痂疹はとびひ

とびひは正式名称を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といい、黄色ブドウ球菌あるいは連鎖れんさ球菌が皮膚の浅い部分に感染し、水疱すいほうあるいは膿疱のうほうをつくる化膿性の病気です。

 

黄色ブドウ球菌が原因となっている場合には、水疱性膿痂疹(ブドウ球菌性膿痂疹)と呼ばれることもあり、また連鎖球菌が原因、または、連鎖球菌と黄色ブドウ球菌の混合感染の場合には膿疱や厚い痂皮かひ(かさぶた)ができるので、非水疱性膿痂疹とか、痂皮性膿痂疹、連鎖球菌性膿痂疹などと呼ばれるでしょう。

 

黄色ブドウ球菌が原因の水疱性膿痂疹は、6歳までの乳幼児が夏に発症しやすく、虫刺されやあせも、湿疹などを掻いてできた傷から黄色ブドウ球菌が感染し、痒みを伴う膜の薄い水疱(水ぶくれ)ができます。
水泡内の液がうみのように濁り、痒いので掻くと水疱が破れてびらんになり、飛び出た液によって、飛び火のように全身に感染が拡がるため、とびひという俗称がついています。
この液が付着することで他人に感染させる恐れもあります。

 

連鎖球菌性膿痂疹は季節や年齢に関わりなく発症し、子供よりむしろ大人の方が発症しやすいようです。
水疱性膿痂疹よりも小さい水疱や膿疱がすぐに痂皮に変化して全身に拡がり、喉の痛みや発熱、リンパ節などの腫れが起こることもあるようです。

 

湿疹・あせも・虫刺され・ちょっとした傷などができた時は、膿痂疹にならないように早めに治療して、膿痂疹になったら増えないうちに皮膚科にかかることをお勧めします。

このページの先頭へ