痛風とは

痛風というのは尿酸値の高い状態によって足の指や足首、膝などが痛くなる急性の関節炎で、特に足の親指付け根が痛む人が全体の7割になります。 「風が吹いても痛い」が語源だという説と、「風が吹くように手から
MENU

痛風とはどんな病気か

痛風というのは尿酸値の高い状態によって足の指や足首、膝などが痛くなる急性の関節炎で、特に足の親指付け根が痛む人が全体の7割になります。
「風が吹いても痛い」が語源だという説と、「風が吹くように手から足までそぞろに痛む」という説がありますが、いずれにしても辛い痛みがあります。
また痛風患者の9割以上が男性で、40代前後に発症が多くなります。

 

痛風の主な症状は、関節の痛みと腎臓機能の低下、また合併症もあります。

 

痛風は尿中の尿酸が多くなって血液中の尿酸が多くなり、これが関節内で再結晶化することにより痛みが発生します。
関節の痛みは足の親指の付け根や足の関節、足の甲などあちこちに痛み熱感を感じます。
初期であれば痛みも軽く、放置しておいても3日程度で痛みが治まりますが、発作を繰り返すうちに重症化し、発症時間も長くなります。

 

痛風になると腎機能が低下し、腎不全になる恐れもあります。
これは尿酸の結晶が腎臓に溜まることにより起こり、「痛風腎」と呼ばれています。
尿に溶けられなくなった尿酸が石となって尿路結石になる場合もあります。
糖尿病性腎症になると老廃物を尿として体外へ排出する機能が弱まってしまい尿が作られなくなり、最終的に腎不全となって命を落としかねません。

 

痛風の合併症には糖尿病や高血圧、脂質異常症などが挙げられます。
尿酸値の高い状態は動脈硬化を進行させ心筋梗塞や脳卒中などを起こすリスクを高めるので、いわゆる生活習慣病を悪化させることになります。

 

痛風は正しい食事療法と運動療法で改善できるので、生活習慣を見直しましょう。

このページの先頭へ