市販薬と医者

市販薬を飲むか飲まないかは昔から議論されている案件です。 最近では風邪の症状ができたときに市販薬を飲んでいる人と飲まない人では病院にかかる治療費が格段に違うという統計が出たそうです。
MENU

市販薬と医者

市販薬を飲むか飲まないかは昔から議論されている案件です。
最近では風邪の症状ができたときに市販薬を飲んでいる人と飲まない人では病院にかかる治療費が格段に違うという統計が出たそうです。
市販薬を飲む人の方が飲まない人よりも治療費が安いそうです。
ちょっとした風邪の症状なら市販薬を飲んでゆっくり休んでいれば治るからということで病院にいかなくて治療費が安くすんでいるということだと思います。
市販薬の信頼性が高まった統計だと思います。
ところで、市販薬を信頼して単なる風邪だと思い、病院に行かずに市販薬を飲み続けたが症状が緩和しないために病院に行ったらすぐに入院することになったということを耳にすることがあります。
マイコプラズマ肺炎などの肺の病気は特に風邪などと症状が似ているのでつい放置しがちになります。
お腹がちょっと痛いとか、お腹とか腰が張っている感じがするけど、病院行くほどじゃないしと思っているうちに熱がでて市販の解熱剤でなんとかしていたけど熱が下がらないからといって病院に行ったら実は盲腸炎であと少しで破裂して死ぬところだったという人もいるそうです。
自分の体は自分がよく知っているとか、この症状なら大したことないだろうなどの病気の定説を信用すると命に係わる重篤な病気の可能性が十分ありえます。
市販薬に頼り過ぎない、あいまいな知識は捨てて、すぐに相談できるかかりつけ医を開拓する。できればセカンドオピニオンも開拓しておくのがよいでしょう。
便秘お茶

このページの先頭へ